« July 2012 | Main | September 2012 »

珠洲トライアスロン、完走

ども〜happy01

超ご無沙汰してます。
本社勤務になって、滅茶忙しく(長時間勤務を…)
て何もできない状態で。トホホ(^_^;)
そんなネガティブな話は、別にして。

今年の初戦。
珠洲トライアスロン(Aタイプ)、完走して来ました。
でも、今回は、大変で初めてリタイアするかもって思いました。
練習不足でこの2ヶ月ぐらい足の吊り癖がついて、何かしたら
普通につる感じになってます。

そんななか、完走できました。
結果は、8時間26分13秒。
ともかく、良かった。

さて、道中のことは、別の機会に(^_^)
トライアスロン当日、早目に駐車場に入って
おにぎり朝食riceball
初めての会場で戸惑いながらも準備終了。
でも、途中で嫁とはぐれて、スポーツドリンクが・・・
まぁ、手元にお茶があるからまあいいかと
思いつつ、スイムの入水チェック。
アップも終わって、第2ウェーブで競技スタート。

スイムバトルは、避けながらも少しは、覚悟しながら
外側のコースを。途中バトルになって、ゴーグルが、
外れかけるも何とか持ちこたえた感じ。
スイムは、練習不足で、思うように水に乗れない。
でも、海は、凄く綺麗で底やら周囲の状況が、
見える。今までにない経験。ペースが、上がらないまま、
Aタイプの折り返し地点を過ぎて、1500m付近で左足の
ふくらはぎに異変が・・・・そう、大阪弁で「コブラ返り」
攣りました。何とかガマンできるけど、スイムでキックが
使えません。ゆっくり腕だけで進むもなかなか、攣った状態
から回復せず、このままライフセーバーのところまで行って、
リタイア宣言かな?とか考えるながらのスイム。
でも、ライフセーバーの前にいくと、「イヤ、やっぱり
泳ごう!」とか思って、痛くない右足キックも入れながら、
泳いでいるとこんどは、右足の足裏が、攣ってきた。
最後の500mは、何がどうなってるのか分からず、
溺れたくないし、リタイアもしたくないから、腕だけ
回して、ヨロヨロしながら、スイムアップ。
でも海岸で足がよろけてうまく立てません。
ストレッチとマッサージで何とか切り抜けて、
トランジットエリアに。途中、嫁と出会って、
状況説明。

バイクは、使う筋肉が違うようで何とかスタート。
そして、順調な感じ、途中の坂も問題なく、足の
痙攣が、嘘のように、斜度16%の大谷峠もクリア。
1周回目は、予定より早く、2周回目に突入。
エイドステーションでドリンクやらバナナやらを
補給しながら、進むもやはり、2周回目(^_^;)
1周回目のようには行きません。少しづつペースダウン。
苦しみながらも2回目の大谷峠をクリアこりゃ大丈夫だと
思いつつ、峠を下る。

バイクもあと残すところ5キロと言うところで
再び悪夢。こんどは、左足のフトモモが、痙攣。
引き攣っているのが、目で見えます。
今度は、痛くて動けません。
路肩にバイクを留めて、ストレッチ。
でもなかなか治まりません。
揉んだり摩ったり、何とかガマンできる痛みに戻して
右足だけで、自転車を漕ぎ出しました。
最後に坂があってそこもひたすら右足1本で登るも登り切ると
今度は、右足のフトモモが、攣りました。
漕ぐ足のを替えて、ひたすらバイクゴールを目指してます。

もうリタイア。ともかく、バイクのタイムだけは、残そうと諦め気分
でトランジットエリアへ。
リタイアと言うつもりが、審判が、見当たらないし、痛みも収まった
ので、急いでランニング用のタイツを。
ダメもとで走るかと思いゆっくりとランスタート。
ここまでくるとタイムなんか関係なく、完走だけが、目標に。

ほぼ2キロごとにあるエイドステーションでドリンク、果物、氷水など
もらって、灼熱の中、肌が焼ける音が、聞こえそうなコースを走ってました。

途中でたくさんの方から声援をもらい、一緒に走ってる選手からも
励まされて、ヨレヨレになりながら・・・・
タイツのおかげか?スピードを出していないせいか?
ランで、足も攣ることなく何とかゴールへ。

フィニッシュラインを超えた時は、
思わず、ガッツポーズが、出ました。
しかし、本当に辛いトライアスロンでした。
ミドルでこんな状態なんで、今年、もし、
ロングの佐渡に行っていたら、
それこそ、大変なことになっていたかも(^_^;)

こんなヘロヘロアスリートを支えてくれた
ボランティアスタッフ、マーシャル、ライフセーバーの
皆さん、ありがとうございます。

暑いにもかかわらず、沿道で声援をおくって頂いた
珠洲の皆さん本当にありがとう。
ホースでの簡易シャワー!命の水のようでした。

そんじゃ、また。

ps
Ipadからじゃ写真が、アップできないの。


| | Comments (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »