« August 2011 | Main | October 2011 »

ゆっくりと

ども~happy01

自分のトライアスロンシーズンpenguinbicyclerunも終了し、
今日届いたLUMINAbookには、佐渡と皆生の
特集が載っていたhappy01

佐渡で頑張ったことをまた楽しく思い出さ
せてくれた。佐渡国際トライアスロンの
公式HPには、フィニュシュムービーmovie
あった。後半の56分過ぎに映ってた~sign03
早送りできないからずっと見てないと
いけないけどね・・・coldsweats01

参加した者からすれば、全く知らない選手
でも苦労を供にした仲間感覚でずっと
見て、「ウン、ウン。頑張った。頑張った!」
って感じになりました。

さて、冬は、マラソンrunシーズン。
でも現在、インソールとテーピングによる
保存治療(って言えるかな?)でラン連は、
大人しくしています。
9月は、トライアスロン大会で走った分
以外だと20Kmも走ってません。
こんなに走らなかったのは、久しぶりです。

焦らずゆっくり、でも、たまには、少しだけ
走っての生活をするつもりです。

10月23日は、和歌浦ジャズマラソン、
12月4日は、加須こいのぼりマラソンに
エントリーしているけど、走れるかしら?

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

日光って、結構・・・

ども~happy01

シルバーウィークも終わりましたね。
初日の朝以外は、比較的良い天気sun
お休みでした。

紅葉mapleの季節には、まだまだ早いのですが、
日光に遊びに行ってきました。
華厳の滝と日光3社参りしてきました。

華厳の滝は、先週の台風の影響で水量が
非常に多く7トンの水だそうです。
通常は、2トンなんで3倍強。
水しぶきが凄かったです。

Photo

日光3社は、東照宮を皮切りにゆっくりと
参拝してきました。この先、良い事が
ありますように。

Photo_2

(写真を撮った位置がパワースポット
 らしいが、ご利益あるかな?)

Photo_3
(陽明門の入り口付近)

日曜日は、定番の関宿・利根川・江戸川の
3角コース。途中、利根川の河川敷が、
まだ冠水していました。運動公園や河川敷
のゴルフ場は、まだ使えない状態。そして、
私の自転車がドロドロに・・・

そうは、言うものの河川敷の自転車コースは、
ススキが、バッタが、そして風がヒンヤリと。
季節は、確実に一歩前に進んだようです。

いつまでも夏じゃ無いよ~って。
脳みそは、まだ夏のままなんですがね・・・

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

MTBも整備しないと

rainども~happy01

台風typhoon一過、朝は、晴れsunていましたが、昼過ぎ
からまた、雨。よくふりますなぁ。
部屋の中が、湿っぽいdown

さて、モートン病と診察されてどうなったか?
日常生活は、あまり変らない。痛い時は、痛いsweat01
そうでない時は、普通。
ただ、まだランrun連は、再開していません。

バイクbicycle連は、通常の120Kmコースに出ました。
今度の3連休もと思っているのですが、ちょっと
天気が・・・crying

日常使いのMTBbicycleの整備をしました。連休中に。
7年以上使っているので、ここらで一発、
チェーン、ワイヤー、タイヤ一式取り替えて、
後ろのディレーラーとスプロケ掃除しました。
チョコチョコ掃除してたのですが、7年というと
結構疲れが溜まっている感じでしたcoldsweats01

でも、整備不良かリアディレイラーの調子が、
悪く無段階変速します。ガチャガチャと。
ワイヤー調整してもなかなかしっくりこない。
いろんな所の増し締めも含めてもうちょっと
整備しようっと。

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

モートン病

ども~happy01

ここでずっと愚痴っていた左足の痛みですが、
先日やっとこさ整形外科に行って診断して
もらいました。coldsweats01

モートン病という足の病気だそうです。
MRI撮らないと確定診断は、難しいとの
ことですが、レントゲンと私の主訴から
判断してモートン病に間違いないとのこと。

ネットで調べたところ大体が、こんな感じ
であることを書いてありました。

第3-4足趾間(第3趾と4趾の向かい合う側)
のしびれ、痛み等の神経症状がある。また、
つま先で立つと痛い。
障害部位は、第2-3、4-5足趾間のことも
ある。

みたいです。そのとおりの症状ですweep
ハイヒール等を多用される女性に多いらしい
が、ランニングや合わない靴を履き続けると
なるらしい。

整形外科では、ひどいようだと手術もあるが、
今回は、局所麻酔打って、内服薬(痛め止め)
で様子みましょうってことになりました。
あとは、足底部のアーチの保持することが必要。
靴にインソールを入れなさいって言われました。

ランニングとバイクシューズには、インソール
入れていますが、普段履きの靴にもインソール
を入れて様子をみることにします。
あと、テーピングと。

もうひとつ。
足の甲は、ランニングシューズの靴ひもの
締め過ぎと注意されました。スポーツ店では、
しっかり締めなさいって言われたのですが、
医者と店員どっちの言うことを信じる?
みたいな感じになりました。
適度な締め付け感が、必要ってことに
落ち着いたのですが、適度な締め付け感って
どんな感じ?

レントゲン写真からは、疲労骨折は、見てとれ
ないとのこと。但し、指先(5指とも)の骨
が、かなり潰れている。ちょっと無理し過ぎ
じゃないか?と注意されました。coldsweats01

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

残暑が厳しいなぁ

ども~happy01

いろんな方の佐渡トライアスロンの参戦記を
拝見しながら、思い出したことflair

そういえば、閉会式の時、審判長が、ゴミが
大量にあったって言ってました。
自分もタオルを見失ってゴミを出した方なんで
偉そうなこといえませんcoldsweats01

ゴミは、ゴミステーションにsign01
ポイ捨ては、やめましょうsign03
地元の方が、困るとひいては、大会そのもの
が無くなってしまうからsign01

ちなみに見失ったタイガースタオルですが、
閉会式の時、忘れ物預かり所にありました。
拾って届けて頂いた方、ありがとうございますshine

ポイ捨てですが、補給食の空袋、バナナの皮も
ありましたが(あって欲しくなかったけど)
ボトルが、道に多数転がっていましたdown

その内、一本を避けきれず、乗り上げたすっsweat01
幸い空ボトルで私の体重でボトルがヘシャげて
転倒・落車には、至らなかったけど、ちょっと
乗り上げながら、ヤバイかなぁって思って
ましたcoldsweats01

ラン以外の練習は、ぼちぼち再開しています。
距離も時間も今までより短いですが・・・coldsweats01
ランは、正直悩んでいます。
少し散歩しただけで・・・でも、走りたいし
もうちょっと様子見かな?

そんじゃ、また

| | Comments (0)

時が経つのは、早いなぁ

ども~happy01

今日は、重陽の節句。
時の過ぎるのは、早いもんで、先週は、
佐渡に渡って、台風typhoonの進路を心配して
いたと言うのに・・・coldsweats01

筋肉痛は、引いて、海中生物さされも
クスリのおかげで良くなり、日焼けの
かゆみと足の痛みだけになりましたcoldsweats01

いつまでも佐渡penguinbicyclerunの余韻に浸っていたい
のですが、仕事しないと怒られますよねcoldsweats01
ってことでこちらは、既に通常勤務。
電気使用制限令も今日までということ。
デマンド監視の業務から解放されますhappy01

佐渡でちょっと失敗したことsweat01
ブースでデソトのトライショーツdenim
今までと同じサイズのものを買いました。
でも、大会当日の朝に履いたら足の部分
が、パンパン。足の筋肉が、増えたup
ほくそ笑むも使いづらいことに気がつくcoldsweats01
試着すれば良かった。と後の祭り状態。
でもあそこじゃ無理だよなぁ~って。

この状態は、適度な締め着けを通り越し
てるような・・・
折角新調moneybagしたので・・これからは、練習用
に使おうと思っていますscissors

そんじゃ、また

| | Comments (0)

佐渡トライアスロン大会、後記

ども~happy01

2011佐渡国際トライアスロン大会。
後記です。

色々なことがあった2011年の大会penguinbicyclerunでした。
台風12号、TV番組のチームそして事故。

1日早く佐渡入りしたので、今年は、佐渡を
堪能しました。まだ、まだ観光しきれてませんが、
トキにも会ってきましたhappy01

今年のAタイプの完走率は、86.4%。(速報)
去年より良くなっていますが、過酷なレース
であることには、違いありません。

TV番組のネタバレになるといけないでしょうが、
結果の方は、すでに沢山の場所に書き込まれて
いますので、これ位なら許してもらえるかな?
菊池さんだけが完走。
他の方は、完走できなかったようです。

コメントは、
  「ゴールした者すべてが勝者」
  「スタートラインに立つ勇気」
それが、トライアスロンですscissors

そして、悲しくて辛い話と言えば、
10数年続けられている方が、スイム競技の
途中でお亡くなりなられました。
お心からお悔やみを申し上げます。

同じ年齢の会社員で私よりもずっと力の
あるベテランの方です。
自分も注意しなければいけないと改めて思い
ました。
また、トライアスロンは、危険を伴う競技で
あることを再認識いたしました。

少しイヤだったことdown
スイムバトル。これは、仕方ない。
覚悟しています。
殴られることも蹴られることもcoldsweats01

でも、バトルになるぼど人が集まった時に、
今まで以上にわざとバタ足を思い切りする行為。
人を寄せ付けたくない気持ちは、分りますが、
どうかと思います。(賞金レースでもあるまいし)

あのバタ足状態では、五輪選手でも100mも
持ちません。
バトルからいち早く抜け出すためにやっている
のかもしれませんが、どちらといえば、先にも
書いたように「俺の近くに来るな」の意志表示
のようで気持ちの良いものでは、ありませんで
した。

あの時まともにキックを食らっていたらと思う
と背筋がゾッとします。
スイムバトルに巻き込まれた私にもいけない
ところがあることは、分っていますが、
もう少し周りの状況を判断して欲しいと
思いました。

そんじゃ、また。

Photo_11

| | Comments (4)

佐渡トライアスロン大会、参戦記(3)

ども~happy01

2011佐渡国際トライアスロン大会。
参戦記(3)です。

ランスタート前のトランジッションエリア。
左足の痛みを考慮して、靴下を脱いで、
テーピングcoldsweats01を貼ることに。5本指ソックス
にも履き替える。
トライショーツを脱いでラン用ウェアに着替え。
靴紐をしっかり結んで補給食入りのウエスト
バックを装着して苦手のランrunへ。

今年は、できるだけしっかり沿道の声援に
答えようと思っていました。
バイクでは、路面の状況が許す限り手を
振ったり、「ありがとう」と答えてきました。

ランでも同じように手を振ったり、「ありがとう」
「ハイ!」「頑張りま~す」等々声を出すことで
走る力にsign01

しかし、走るのは、相変わらず遅い。
バイクで力を使い果たしているのだろうか?
ペース配分が悪いのだろうか?
ともかく、ドンドンと容赦なく抜かれていくcrying

ほぼ3Kmごとにあるエイドだけが楽しみ。
全てのエイドに立ち寄って何か飲むか食べるか
して気を紛らわせながら、なけなしの力を
絞りだすcoldsweats01

Photo_7

5Kmのエイド付近に森泉さんと渡部陽一さんが、
20Km手前のエイドでは、本村さんが、居た
けど、こっちにもう余力が無いので、チラ見を
して走ることに専念。

両津で応援してくれた最強サポーターも移動して
スタート地点と途中3回通るT字路でそれぞれ
応援してくれる。でももう足が動かない・・・
その上、小雨rainまでも降って来て、心は、ブルー。

でも、まだ心配していた左足は、テーピングで
巻いる違和感だけで、痛みは、無いscissorsともかく
完走目指して頑張ろう。気を取り直して走って
いると気持ちが天に通じたのか小雨も止み、
曇り空cloudに。って真っ暗nightだから分らないけど・・・

田園風景を彩る灯篭を通り抜け、残り5Kmへ。
あと30分。仲間は、もうゴールしたのだろうか?
行列チームは、どうしているだろうか?と
色々なことを思い浮かべながら、ラストスパート
ではなく、ラストの踏ん張り。

佐和田の商店街に入るとナンバーと名前をコール
され、それはそれは、本当に大勢の方の声援。
差し出される手・手・手paper
全員とハイタッチpaperしながら最後のカーブを曲がる。
会場に入ると、最強サポーターだけじゃなく、
そこにいるみんなが、拍手と声援で迎えてくれるsign01

MCから再度、ナンバーと名前をコールされ、
光り輝くフィニュシュゲートをくぐる。
Photo_8

13時間30分かかったけど、
スイムは、短縮されたけど、
台風12号に翻弄されたけど、
TVの行列チームと一緒の闘いの場に立てた
今年の佐渡国際トライアスロン大会が、
終わった瞬間。

「ありがとうsign01」心からお礼を言います。
スタッフ、関係者、ボランティア、沿道の皆さん。
そして我が最強サポーターへ。

そんじゃ、また。

Photo_9

| | Comments (2)

佐渡トライアスロン大会、参戦記(2)

ども~happy01

2011佐渡国際トライアスロン大会。
参戦記(2)です。
(言い訳:カメラを会場に持っていくのを
忘れたので、写真cameraがほとんどありません)

日曜日(大会当日)朝3時に起きて4時ごろ
に会場rvcarへ。自転車のセッティングやら持ち物
の最終チェックをやって、おにぎり弁当等
を食べて準備完了scissors

会場に行くと本部からのアナウンスkaraokeで、
Aタイプのみスイムを2Kmに短縮して
開始時間を6:20分に変更で競技を行う
とのことear

まあ、トライアスロンをやりに来たのだから
ヨシと気合を入れなおしてトランジッション
エリアへ。
体育館でアンクルバンド(計測チップ)を貰って、
ナンバーリング。
このころになると気合十分scissors

ちょっと周りをみる余裕が出てくると
東野幸治さんがTVカメラmovieを連れて歩いていたり、
安田美沙子さんが、バイクbicycleの準備をしていたり。
スイム会場近くでは、行列の応援メンバーの
住田弁護士ともう一人の女性弁護士(名前を
知りません)が、撮影前のお化粧直しを
してましたhappy01

番組収録の邪魔をする訳にもいかないし、
カメラもないし、まぁ、身近でみることだけに。
東野さんと安田さんは、ちょっと緊張している
みたいでした。菊池弁護士とノッチには、
会えませんでした。

ウォーミングアップから開会セレモニーが、
始まり、気分は、台風typhoonを吹き飛ばす勢い。
そして日本海には、虹がかかる最高の
シチュエーションに。もうやるしかないsign03
長い旅の始まりですup

6:20にスタートの号砲flair
一斉に海waveに走りこむ。
今年は、適当な位置取りで思っていたら、
いきなりスイムバトルに巻き込まれました。
殴られ、蹴られ。挙句の果てには、頭を
往復ビンタならぬバタ足で上下キックannoy
一瞬クラットとshine
そして、舌を噛んだ(噛まされた)。
でもこの痛みでクラット感から立ち直ったcoldsweats01

このあとシバラク舌がしびれたまま。
もうバトルは、ご免被りたいので、少し離れた
つもりが、かなり離れた場所を泳いでいた。
気がつけば、隣にライフセーバーがいた
軌道修正をかけながらなんとかスイムアップpenguin
予定より5分程度遅くなった。

スイムアップしたところで、
徳光さんが、
  「佐渡の風になれ~」
みたいなセリフで全員を応援していましたhappy01

ロングは、比較的ゆっくり着替えられるので、
靴下はいて、手袋して心拍計つけて、水飲んで
7:10ごろバイクbicycleスタート。

バイクの開始は、台風の追い風に乗って気分
上々でかなり速い感じの巡航速度に。
途中のエイドを飛ばしながら、第1関門の
Z坂へ。
直線で抜いて行った選手を数名捕まえながら
快適にヒルクライムfuji

途中の下りのカードレールに顔面血まみれの
選手と救護スタッフ。下りカーブを曲がり損ねた
ようでとても痛々しい。気をつけないと。

坂の途中で2人乗りバイクに何やら背の高い棒、
よく見たら放送機材。行列メンバーの誰かが
いるのかと思って抜きながら確認すると
東野さんのようです。
自分よりスイムが、速いのかぁと思いながら、
一気に抜き差り大野亀へup

大野亀のエイドでは、菊池弁護士を発見。
本村弁護士の声援(邪魔)を受けながら
走っていました。
菊池弁護士もこの登りで抜いちゃいましたup
二人ともスイムが速いんだって感想note

Photo_6

大佐渡の海岸線を走るが今度は、向い風。
今まで順調だったのが、一気に5Km位
ペースダウン。その上、サイクルメーターが
故障coldsweats01。スピードもケイデンスも表示されず、
無表示に。これは、かなりつらい状況。残り
120Km近くは、体感と周囲の選手のペース
を見ながら自分のペース配分を考えることに。
ドラフティングは、しませんよ。ルールだからshine

4時間弱漕いで大佐渡側の約100Km終了。
両津には、最強サポーターが待っています。
いつものように「パパsign01頑張ってsign03」の
声援。ありがとうhappy01

住吉のエイドで小休止。おにぎりriceballとバナナbanana
貰って水やアクエリアスで喉の渇きとお腹を
満たす。何やら聞きなれたゆっくりとした声。
振り返ると戦場カメラマンcameraの渡部陽一さんが。
行列チームの応援なんでしょうね。

あんまりゆっくりもしていられないので、
小佐渡方面に再スタート。
だれたり、踏ん張ったりしながら、小佐渡の
難所。小木坂を目指す。去年は、足やら首が
痛くなったのを思い出しながら、最後の坂-
実は、小木坂越えても坂は、ありますが-に

止まらないようカツラギfujiの牛滝側の出だし
よりは、楽だ。とか高野山fujiの方が長いだとか
心に言い聞かせながら登っていきましたcoldsweats01
去年もそうですが、このころになるともう
あと少しだと思えます。
でも180Kmの表示後の最後の10Kmが
とても長く感じられますcrying

最後は、Bタイプのゴール前ランrunとAタイプ
のランスタート組の間に挟まれながらバイク
アップbicycle。スタート時間が遅くなったと言えども
スイムが短縮モードだったので、ランスタート
が予定より早く14時半ごろ。
これで今年も完走できそうだとちょっぴり
安心。

(続く)

| | Comments (0)

佐渡トライアスロン大会、参戦記(1)

ども~happy01

2011佐渡国際トライアスロン大会penguinbicyclerun
いろんな事が、ありすぎて何から書けば
良いやら・・・

台風12号typhoon-日本全国に大きな傷跡を残して
温帯低気圧に変ったけど-被害に遭われた方々、
お見舞い申し上げます。

佐渡の大会も台風12号の影響を受けました。
結果的には、スイムpenguinの3.8Kmが2.0Kmに
短縮になり、バイクbicycleの途中は、強風dash
ランrunのころには、小雨rainが降りました。

でも、だいたいは、晴れsunか曇りcloud
これぞ、晴れ男sunの真骨頂みたいな。
お蔭様で無事に完走することが出来ましたsign03
ありがとうございますshine

台風の進路が心配だったので、予定を変更して
1日早く9/2の金曜日に佐渡に上陸。
でも途中、北関東道と関越道がrain通行止めになって
いたので、東北道-磐越道ルートで新潟に行く
ことになりました。途中結構大雨なところも
ありました。

(フェリー乗り場に並ぶ白バイ隊)
Photo_2

佐渡では、始めに尖閣湾のグラスボートに乗ろう
と思ったら、台風のため、本日は終了と言われて、
乗れませんでした。

(海岸線からの尖閣湾。そんなに荒れてません↓)
Photo

なんか気持ちが萎えたので、会場に行って受付
を済ませて、競技説明会へ。
今年は、本人確認がIDベルトに変更になり、
右腕にIDベルトを装着。閉会式まで外さない
ように注意を受ける。

宿に入ってトライアスロン仲間と夕食という名の
宴会。前々日なんでみんな超リラックスモード。
土曜日は、どうしよう?練習?それとも見学?
みたいな話が中心。
Photo_3

明けて土曜日。我ら二人(私と妻)は、見学へ。
佐渡博物館、佐渡歴史伝説館、国分寺、妙宣寺
(佐渡で唯一の五重塔がある)と真野鶴を造って
いる酒蔵を見学して早々にお土産として酒蔵限定酒
を購入。全く緊張感のない前日を送っていました。
(国分寺↓)
Photo_4

(妙宣寺の五重塔↓)
Photo_5

夜は、夜でやっぱり仲間と宴会モードbeer
Aチームの方は、ちゃんと養生してはりましたが、
ひのでろには、無理です。焼きあわびやサザエに
お刺身があれば、呑まない訳には、いきませんbottle
Aチームからは、教育的指導を受けましたが・・・

でも、話は、次ぎの日の大会のこと。
台風が近づいて来てるが、大会は、あるのだろうか?
スイムは、ヤッパリ無理かな?
TV番組の行列チームは、完走できるのだろうか?
などなど過去の大会のエピソードも含めて大いに
盛り上がりましたhappy01

しかし、まぁ日曜日は、3時起きbellなんで、適当に
終わって、それぞれ部屋に戻ってお寝んねsleepy

大会の準備をしながら、心のなかでは、今年は、
台風のせいでもう無くていいかなぁ?
足も痛いしなぁ?なんて思っておりました。
密かに・・・

(つづく)

| | Comments (0)

どうなることやら・・・

ども~happy01

台風12号typhoonが、心配で心配でなりませんが、
ともかく佐渡に向けての準備は、完了paper

佐渡トライアスロンの公式HPには、

開催可否の決定について
現在、台風12号が接近しておりますが、開催の可否につきましては佐渡汽船の就航状況如何に関わらず、
4日(日)午前4時30分に決定いたします。参加者の皆様におかれましては、佐渡汽船など交通機関の
状況をご確認頂き、スケジュールをお組みいただきますようお願い申し上げます。
大変ご心配をおかけしております。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

って書いてあります。
(勝手にコピペしてごめんなさい。)

いまさらジタバタしても始まらず、後は、
運を天に任せるのみsign03

現在の状況から推測すれば、大会が開催
されても、スイムwaveは、中止だろうね。
海のシケが、収まるとは、思えないから。
スイム派としては、残念ですがweep

となるとやはり良くてデュアスロンか?
(ラン+バイク+ラン)
ラン苦手派としては、非常にツライcrying
1回目のランの距離が、長いと制限時間内
にゴール出来ないかも・・・

中止になったら、なったで、ゆっくりと
佐渡観光を楽しむことにします。

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »