« May 2009 | Main | July 2009 »

別府史之選手、おめでとう!

ども~happy01

ツールbicycleにもう一人、日本人が!
スキル・シマノの別府史之選手が、ツールに
出場しますhappy01

これで、2009年大会は、新城幸也選手と
別府史之選手の二人が、パリ・シャンゼリゼ
を目指しことにbicycledash

おめでとうup
別府史之選手。
ツールでの健闘を活躍をsign01

そんじゃ、また。

| | Comments (2)

梅雨の合間に

ども~happy01

6月も終わりが近づいていますね。
梅雨rain空。曇りcloud、雨rainそして少ない晴れsun
雨の合間の晴れ、太陽sunは、もう夏の色happy01
うっかりしてると、日焼けが・・・

この土日は、ランrunとバイクbicycleの練習と
整骨院でのケア。
バイクの基礎体力は、やはりヤバイ。
お尻の筋肉(ケツキン)が、痛いcoldsweats01
大臀筋も衰えているが、それにまして
中臀筋・小臀筋が衰えているようだ。

トライアスロン渡良瀬大会まで、あと
1ヶ月。衰えたバイク脚をとり戻すため、
マメに自転車bicycleに乗ろう・・・と決めた。
が、天気が悪いと通勤が、車rvcarに・・・

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

新城幸也選手おめでとう!

ども~happy01

戦後二人目の快挙upupnotenotenote
ことし梅丹本舗GDRからブイグテレコムに
移籍した新城幸也選手が、ツール・ド・フランスbicycle
に出場することに。ヤッタネ。happy01

昨年のもてぎエンデューロの梅丹本舗ブースで
気さくに握手してもらったpaper。こんなことなら、
写真cameraも撮るんだった。残念(かなりミーハー)coldsweats01

ともかくおめでとう!
新城幸也選手!!
活躍を期待しています。

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

トライアスロン予定変更

ども~happy01

何かバタバタしていて書くの忘れていました。
9/6の伊良湖トライアスロンに申し込んでいた
のですが、それもAタイプのミドル。
残念ながら、落選weepしてしまいました。

伊良湖の落選は、これで2回目。
2次募集もあるのですが、それは、パスして
来年また、申し込みます。
3度目の正直を神様に願ってflair

それで、というのもちっと違うのですが、
8/23に福島で行われる猪苗代湖周辺の
「うつくしま トライアスロンinあいづ」
に申込みました。happy01

当初は、昨年参加した手賀沼トライアスロン
って思っていたのですが、トライアスロンは、
妻との小旅行も兼ねて考えている部分もあり
ますので、今回は、始めての東北旅行と言う
ことで猪苗代湖の方にしましたhappy01
(会津磐梯山とか・・・)

高速1000円rvcar渋滞がなければ、3時間程度
の距離なんですがね・・夏休みの後半の土日
なので渋滞が少し心配です。coldsweats01

この大会は、何が面白そうかっていうと、
スイムpenguin後、バイクbicycleでラン会場runまで40Kmを
走るってところ。つまり、スイムスタートと
ランフィニュシュの場所が離れているという
大会ですhappy01

サポーターもスイム後、応援バスbus
自家用車rvcarでラン会場まで行かないと
いけないのが、少々手間ですが・・・

ワンウェイといえば、宮島スタートの
みやじま国際パワートライアスロンが有名。
こっちは、ミドルの距離でかつ、すべてが、
ほぼワンウェイで、登り中心。
宮島から始まってゴールは、中国山地(標高
900m)にあるウッドワン美術館まで。
ひのでろの今の実力では、ちょっと無理coldsweats01

会津のこの大会は、是が非でも完走したい。

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

週末練習

ども~happy01

日曜の昼過ぎ、突然の雷雨thunderと雹(ひょう)
の嵐typhoon。びっくりしました。近所の木は、
真ん中くらいから折れていましたcoldsweats02

プールから帰って、急いで布団と洗濯物を
取り込んでいたから良かったですが、
30分帰るのが、遅かったら大変なことに。
間一髪でしたcoldsweats01

土曜は、ここに来て初めて千葉県に行き
ました。と言っても埼玉県との県境の
江戸川を海に向かって下って行っただけ
ですが・・・・bicycle

利根川のつもりがいつの間にか江戸川に
なっていたって感じなんですが、出発が
遅かったから、結局、海までは、行けず
JR武蔵野線の江戸川陸橋付近でUターン
してきましたhappy01

帰りに確認したら、関宿城の所で、
利根川と江戸川が分岐するのですね。
地理が分からんからミステリー続出です。

いつか、海まで行ってみたいと思います。
あと3時間早く出れば行けそうです。
今週末の練習は、
土曜日:バイクbicycle100Km強
日曜日:プールpenguin2500m程度

久しぶりに充実した練習が、出来ました。
アレ?ランrun の練習がない(^^;

そんじゃ、また。

Photo_2

| | Comments (0)

Mt.富士ヒルクライム(3)

ども~happy01
三部作もこれで終わりhappy01

山岳スプリント部分も終わり、もう少しの坂up
と戦いながら、平坦な部分までなんとか持ち
こたえようとシッティング、スタンディング、
歯をクイシバリングで・・・heart02は、爆発寸前!
スタッフから「あともう少し、ここが最後の坂」
の声。happy01

気力が帰ってきた。残りの力で、坂を越え、
夢と希望の平坦部へ。
ギアをアウターにいれ、シフトアップして一気
に高速走行bicycledashへ。のはずだったが、実際は・・・
そんなに現実は、甘くありません。
こげどもこげども、スピードが上がらない。
なんとか30Kmを少し越えるくらいが精一杯coldsweats01

フィニッシュゲートが、見えるがそこは、
泣きのゴール坂up(前日の説明会で、ここは、
泣きながら、叫びながら上ってて解説された)
もう、足がない。反則技のトリプルの
インナーに入れて、気力で回す。
最後に抜けるだけ抜いてやれ~と数名を
追い抜いく。

そして、感動のフィニッシュ!note
思わずのガッツポーズ!happy01
でも身体がフラフラでこけそうになる。

その後すぐに10分遅れスタートの銀輪部
のメンバーの一人が、ゴール。
「あぁ~、もうちょっとで追いついたのに」
って。知らない間に早くなっていた。
「ウカウカしていられないって」のが、
正直な気持ち!
「こう見えても、結構、負けず嫌いなもんで」
でも、お互いのゴールを祝福し合って、
ハイタッチ。

2時間を切ってゴールできたことを素直に
喜びたい。富士山fujiありがとう。そして、
チーム始めスタッフのみんなありがとう。happy01

あとは、下山用グッズを受取り、記念写真camera
着替えてみんなのゴールを待つ。
富士山fuji5合目は、やはり寒い。
上っている時も3合目過ぎから頬や腕に
当たる風が、ひんやりしだし、5合目は、
まだ、3月上旬のような感覚。

仲間を待つこと数分、女子部の一人が
ゴール。ハイタッチで栄光を称えるhappy01
その後、かなり遅れて残りのメンバー
がゴール。ただ、下山の順番が、来たから
集合写真を取れずに、下山開始。

せっかく上ってきた坂だが、そこは、一気に
(スピードに注意しながら)24kmを
駆け下る。爽快な気分。fuji山は、いいなぁ~。

後は、大会会場でうどんを食べて、休憩。
宿泊施設に戻って、自転車を積込んで、
お風呂spaで汗を流す。ファミレスで少し
遅い昼食restaurant取って、大阪本隊と別れて帰路に。

帰りの中央道は、大渋滞rvcar。大月IC付近から
八王子JCTまでの約40Kmが2時間弱。
自転車の方が、早いかも(^^;
ヘロヘロになりながら、帰宅。

心地よい疲れと腰痛を残して全日程終了。
ビールbeer&お酒bottleで一人祝杯!
次は、1時間30分切りだ~!

そんじゃ、また。

Photo_3

| | Comments (2)

Mt.富士ヒルクライム(2)

ども~happy01

Mt.富士ヒルクライムfujiのレース風景bicycledash

試走(車や自転者車)していないので、コース
の状況が、まるで分からない。開会式や前日の
セレモニーで聞いていたけど、聞くと走るとは、
大違い。coldsweats01

ともかく、出だしはゆっくりペースで1合目を
周りにもたくさんの自転車bicycle。接触しないよう
注意しながら、登って行きました。
でも、身体が、重く自転車に乗り切れてない。
これは、大変だ~と。coldsweats01

トライアスロンやマラソンは、沿道にたくさんの
応援があって勇気と気力をもらえるが、
ヒルクライムは、沿道の応援は、ほとんどなく
自分との戦い。気持ちが折れないようひたすら
ペダルを回す。少ないけど応援は、心のよりどころ。

スバルライン上の駐車場parkingを中心に地元の人や
計測ポイントには、スタッフがいて声援をかけて
くれます。「ハイ、頑張ります」って感じhappy01

富士スバルラインは、下り部分がなく(正式には、
若干の下りがあるけど、体感的には、上り状態)
ず~っと上りup。ゴール600m手前にある
2Kmのほぼ平坦な部分以外は。

1合目を何とか越えて次の目標は、銀輪部の女子部。
約30分程度先にスタートしている女子部に
早く追いついて、一声かける約束を果たそうと
ひたすら、漕ぎ続ける。

途中の10%程度の急峻に足を奪われながも、
前に進むが、練習不足のため、ロード体勢の
アーチが崩れ、腰がどんどん痛くなる。
お尻の筋肉にも違和感が出てきて、不安だらけ
になるcoldsweats01

腰痛は、10%程度の坂が出るたびにひどくなる。
ここで負けられるか~と意地を出すが、ギアを
ドンドン軽くして登り続ける。

お~、やっと女子部の一人に追いついた。
お互いに声を掛け合い、次の女子部を探す。
でも、しんどいながらも山の切れ目、木々の
切れ目から見える景色は、絶景。走りながら
チラ見して気持ちを切り替える。

16Km地点で最後の女子部(って合計2名
参加です)で出会って。先に進む。
20Km付近にある最大斜度部分での山岳
スプリント。
もう、足がありません。スプリントなんて無理。
時速も一桁まで落ちて、もがきながら、なんとか
通過。(もう、ギアがない・・・ってトリプル
なんで、まだ余裕はありますが・・・)

トリプルインナーは、出来るだけ使わずに
走るが、ポリシーなんで。
じゃなんでトリプル?って。
お守りみたいなもんです。happy01

(続く)

そんじゃ、また。
Photo_2

| | Comments (0)

Mt.富士ヒルクライム(1)

ども~happy01

第6回Mt.富士ヒルクライムfujiに参戦して来ましたbicycledash
結果は、clock1時間52分01秒。
辛うじて2時間を切る事が、出来ましたが、
1時間45分、そして密かな目標の1時間30分
には、ほど遠い結果となってしまいましたcoldsweats02

練習不足なんで実力通りの結果です。
この数ヶ月で体重も体脂肪も増えて、かつ、
練習量が、少なくなっていたのでね。
特に、ロードbicycleには、4月上旬に乗っただけで、
2ヶ月のブランク。ダメだこりゃ(^^;

腰周りとお尻の筋肉が・・・
ランrunと水泳penguinだけでは、バイク能力の向上には、
なりませんわ。(当然ですが)coldsweats01
ヒルクライムは、誤魔化しが効きません。
自分の実力通りの結果が、現れます。

結果は、結果として真摯に受取って、楽しかった
思い出話をば。
当日(6/7)は、日差しが痛いくらいの快晴sun
晴れ男sunの復活だ~。

富士山fujiが、およそ5500名のサイクリストbicycle
向かえてくれました。
チャリバカが、5000名以上も集まると壮観です。
話すことは、当然ほとんどが自転車絡み。
でもみんな幸せそうな顔をしていましたhappy01
(自分もそうなんですが)

前日のエントリーの後は、BBQで夕食をrestaurant
ビールbeerもワインbarもそこそこ飲んで、就寝。
(W杯予選の岡崎選手のゴールsoccerだけは、チェック)
朝、4時前に起床。眠いまなこを擦りながら、
各自朝食やらレースの準備。

5合目からの下山用グッズを入れたバックを
先発隊rvcarに渡して、準備完了。
俺たち以外も宿泊施設の周りのお客さんも全て
サイクリスト。同じような朝の準備がソコココ
で儀式のようにとり行われていまし(^^;

宿泊先からウォーミングアップを兼ねて自走bicycle
(3Km)で大会会場へ。(身体が、重い~)
富士北麓公園は、サイクリストの集まり。
富士山をバックに記念写真camera
今日の目標タイムを宣言したり、走り方を
相談したりとみんなヒルクライマーモードhappy01

午前7:00アスリートクラスからスタート。
その後、数分間隔でレディースクラスそして
申告タイム順に500~600名くらいずつが
富士山目指して、スタート(バ~ん)

富士スバルラインの料金所手間の計測開始
ポイントまでは、パレード走行。そして、
計測ポイントで、「ピィ!」って鳴ったら、
全員本気モード。全長24Kmの富士山fuji
の坂にいざ出陣~!

(続く)

そんじゃ、また。

Photo

| | Comments (0)

いよいよMt.富士ヒルクライム!

ども~happy01

いよいよ、明日は、Mt.富士ヒルクライムfuji
天気予報では、明日は、晴れsunそう
良かった。晴れsun男の復活か?happy01

今年初めての自転車bicycleレース!
頑張るぞ~
でも出発前に掃除&洗濯
雨模様なんで部屋干しして出発しますcoldsweats01

レース後の模様な帰って来てからゆっくり
とアップします。

今晩は、大阪からの銀輪部と宴会beer(オイオイ)
久しぶりに関西弁でバカ騒ぎできます。

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

天気予報

ども~happy01

この日曜は、Mt.富士fujiヒルクライムbicycle
でも、ここ数ヶ月の週末になると天気が
イマイチになる傾向が、収まらず今週も
ヤバそうな感じcoldsweats01

前回の富士チャレXは、大雨(豪雨かな)で
大会そのものが、中止になった。今回は、
大丈夫かな?
日曜の天気予報は、曇りcloudで降水確率40%。

雨には、ならないと思うが、土曜は、雨
が降りそう。路面が濡れているとスリップが
怖いなぁ・・・

そんじゃ、また。

| | Comments (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »